> 親子間での貸し借りって無利息?

無利息期間を有効に使おう 支払い金利の負担を下げよう!

親子間での貸し借りって無利息?

親子間での貸し借りには、法律上税金(贈与税)がかかってきます。
親子だから大丈夫と思ってしまいますが、税金がかかります。

ですが、贈与税の基礎控除(年110万円)というのがあり
年間で110万円以下であれば贈与税はかかりません。
この基礎控除は覚えておくと良いでしょう。

どんな時に気をつけなければいけないのでしょうか?

マンション購入時

マンション購入時に両親から援助してもらって購入した。
なんて話しを聞いたことがありませんか?
おそらく購入するのに少しでも頭金を揃えて購入したいのが本音なので、
親からの援助の人が多いと思います。

例えば3000万円のマンションを購入

自己資金:500万円
両親の援助:1000万円
住宅ローン:1500万円

こんな感じでしょうか?
住宅取得資金贈与の特例があるので、おそらく課税されないのですが、
この特例にも条件があるので、あてはまらない場合贈与税がかかってきます。
もし特例の条件にあてはまらない場合、1000万円の贈与には231万円の贈与税がかかります。

ちなみに贈与税の計算ですが、1000万円の場合40%の贈与税がかかります。
1000万円-110万円(基礎控除)×40%-125万円(控除額)=231万円

贈与税はとても高く設定されているので、きちんと知っておく必要があります。
親子間での貸し借りは額にもよるが年間の基礎控除額を超えている場合贈与税がかかります。

まあ親御さんからそういった支援をもらえるだけで十分恵まれているので
ここは損得で考えるよりもそういうものだから仕方がないととらえるべきでしょう。
普通は100万を超えてくるとカードローン 比較で出来る限り負担の少ないところを 借りるようにしたりしますから。